酵素風呂入酵方法
 
    施設の特徴
はじめてお越しになった方でも、ゆったりとリラックスして入酵していただけるよう、アットホームな雰囲気になっております。
 
 
    入酵の手順
 
step1   

電話でのご予約時に初めて酵素風呂を経験されるのかという事と通常のお風呂の温度をお聞きします。 熱目がご希望でしたら早目の時間帯が確実です。温度と酵素風呂の効果は関係ございません。この時にお悩みの症状をご相談下さると進行がスムーズにいきます
 
   
    
step2   

カウンセリング 簡単なお悩みの箇所についてお聞きします。血圧などについてもお聞きします。この後酵素風呂を前にして入り方の説明をいたします。シャワー室に移動し こちらでも使い方のご説明いたします。

 

カウンセリングではお客様の言いたくても言えない気持ちをくみながらいければと思っています。

 
体重測定など後の結果を数字に出したい方は先に測定してください。
  
    
step3   
浴槽前で脱衣後、浴槽に横になっていただいたらご自身で周囲の酵素糠を使って前の部分を覆うようにかけておいてください。裸に抵抗のある方は紙ショーツやシャワーキャップをお渡しします。(この際スタッフは別室におり、個室状態です。)
経皮毒がささやかれるこの時代、温めると更に皮膚からの吸収が増長されます。できれば裸での入酵をおすすめします。常連様で低抗のある方はオリジナルふんどし使用中♪
 
シャワー室ではロッカーだけを利用。酵素風呂終了後移動して洗い流していただきます。ロッカーのカギはご自身で管理していただきます。
  
    
step4   
大体 隠れた頃を見計らいスタッフが声をかけて入室。身体全体が糠で包まれるようにかけていきます。お顔にも布を使ってパックいたします。(苦手な方は外したままで大丈夫です。)直に糠をお顔にかけることも可能です。ご選択ください。肌に直接触れさせて肌ツヤ・ぬくもり重視は直かけ、目の疲れを取りたい方や初心者は布を使うと安心かもしれません。
 
入酵中に瞑想されてはいかがでしょうか?酵素風呂は前半の時間でデトックス、後半で酵素を体内に取り込みます。心地よい状態で酵素の効果を増幅させましょう!スタッフがクラニオセイクラルやボディ・トークの手技を使い入りやすくお手伝いします。といっても気持ち良くて寝てしまう方がほとんどですがそれも瞑想の一種かと♪初心者でも
天井から降り注ぐマイナスイオンのお陰でスーッと眠くなります。
 
瞑想への入り方も ご希望によりスタッフが誘導いたします。
  
    
step5   
 酵素風呂のなかで約15分(5分前後でしたら様子をみて無料にて延長できます。)横になっていただき毛穴から酵素を吸収していただきます。途中様子を窺いに入ります。 満足感を感じられましたら15分で酵素風呂から起き上がっていただき、シャワー室にて綺麗に洗い流していただきます。(できればシャンプー類は使わず洗い流すだけをお勧めします。   
    
 step6   

 パウダールームにて身支度を整えていただきます。その後は汗がひくまでゆっくりされる方もおりますし、すぐ仕事に向かわれる方もおります。お客様のご都合で構いません。

 
体重測定などをされた方はこの時に再度測定してください。
 
 

照明を落としたスペースもございますので、横になることも可能です。(他のお客様との兼ね合いになります。)

ガウンやサウナスーツには限りがございます。

   
    
    
世間話を交えながら酵素風呂の効果や施術についての質問などにお答えしていきます。 最後にお会計を済ませていただいて終了となります。  
 
 
 
 
    ご協力のお願い 
 
 ぬか内の温度は最高で68℃くらいまで上がりますが、調節が難しく入れる人数に限りがあります。 温度の復活に時間がかかる上、酵素の手入れをした後12時間以上は酵素を休ませるため、 酵素の手入れをした後はお客様をお入れすることが出来ません。
 
 このような理由から予約制にさせていただいております。 酵素の状態・人数などによりお断りする場合もございますのでお早めにご連絡ください。 当日のご予約は14時までにお願いします。
 
皆様に良い状態の酵素に入っていただく為にご協力をお願いします。 お客様のご案内はご予約にそって進めていきます。遅刻される時はご連絡くださると助かります。
 店内のシャワールームや浴槽などは完全個室になっており、 また余裕をもって時間をお取りしておりますのでごゆっくりと入酵していただけます。
 
浴槽の温度がぬるくなってきたところから翌日の為の手入れに入ります。最終時間は1浴槽での
営業となりますので早目のご予約が確実です